Debian 系の GNU/Linux のディストリビューションには vrms というパッケージがあります.

vrms - Wikipedia, the free encyclopedia

Virtual な リチャード=ストールマンが, インストールされている Debian パッケージのうち non-free や contrib なものを検出してくれます.

最近買った PC は, グラフィックカード(Radeon) が新しくて自由な xorg のドライバを使うには Linux 3.13 が必要で, 先日まで 3.12 であった Debian sid を利用しているマシンでは以下の状態でした.

               Non-free packages installed on honbu5

fglrx-atieventsd                    events daemon for the non-free ATI/AMD RadeonHD displa
fglrx-driver                        non-free ATI/AMD RadeonHD display driver
fglrx-modules-dkms                  dkms module source for the non-free ATI/AMD RadeonHD d
libfglrx                            non-free ATI/AMD RadeonHD display driver (runtime libr
libfglrx-amdxvba1                   AMD XvBA (X-Video Bitstream Acceleration) runtime libr
libgl1-fglrx-glx                    proprietary libGL for the non-free ATI/AMD RadeonHD di

               Contrib packages installed on honbu5

glx-alternative-fglrx               allows the selection of FGLRX as GLX provider
glx-alternative-mesa                allows the selection of MESA as GLX provider
glx-diversions                      prepare for using accelerated GLX implementations from
nvidia-installer-cleanup            cleanup after driver installation with the nvidia-inst

  6 non-free packages, 0.3% of 2164 installed packages.
  4 contrib packages, 0.2% of 2164 installed packages.

Debian sid に 3.13 が来たので, 自由なドライバを使うように設定し, 以下の状態になりました.


No non-free or contrib packages installed on honbu5!  rms would be proud.

rms would be proud. いい言葉ですね.

(ただし, http://people.freedesktop.org/~agd5f/radeon_ucode/ を手で導入してます. radeon-ucode のライセンスは完全に自由なものとは言えないのが残念なところです).

これで自分が管理するDebian系のディストリビューションのマシン 4台(Debian sid が2台, Debian wheezy が1台, Ubuntu 13.10 が1台) はすべて rms would be proud. な状態になりました.

注意: Ubuntu では, emacs23 や emacs24 のインストールをすると emacs{23,24}-common-non-dfsg が入ってしまい, これは vrms に指摘されます. Ubuntu ダメですね.