他の感想ページ:

イラストで学ぶ 機械学習 最小二乗法による識別モデル学習を中心に 杉山将 講談社 は, 発展的な話題を扱っているにもかかわらずサンプルコードが付いている貴重な本である. 残念ながらそのサンプルコードにはいくつか問題があったので, 後から学習する人に取って有用なようにメモを残しておく.

対象は 2013/09/20 発行第1刷.

MATLAB 向けのコードだが GNU Octave, version 3.6.4 にて試した. Octaveには 以下の既知の問題がある.

うまく動かないコード:

  • 図3.2: for内の2行目の p は スモールpでなく ラージP
  • 図4.14: u~=i ないし u!=1 であるべき箇所で ~ ないし ! が消えている
  • 図5.8, 図6.14: t0 の要素に0に近い値が入ると pinv()が正常に動作しない. 0に近い値を先に 0 にしておくことで対処した. もしかしたら MATLAB ではうまくうごくのかもしれない.
  • 図14.3: グラフの表示コードがない
  • 図18.6, 18.11: g の初期化コードがない.

最初の6つのコードのうち3つがそのままでは動かないので先がおもいやられたが, 全体としてはそこまでやばくはなかった.

学習者の間口を広げるために MATLABのサンプルコードはできれば Octave でも問題ないものにしてもらえるとありがたいがしょうがないところだろう.