2012/01/21 遠くに置かせてもらっているマシンをDebian squeeze化した. 元々 SATA のディスクのデバイスファイルがまだ /dev/hd* だったころに構築したマシンで, もともとは Debian sarege か etch だった. それをカーネル以外は lenny にしていたが, lenny のサポートが 2/6 で切れるので squeeze 化した.

/dev/hd* で参照している /etc/fstab や /etc/lilo.conf は UUIDベースでの指定にかえた. しかし, lenny のカーネルではブートには失敗したので, 置かせてもらっている場所の人に root=/dev/sda2 などと指定してもらってブートに成功. mount は問題なかった. その後 squeeze への upgrade は大きな問題なく終わった.

明日はサッカーの試合がなくなったので, フットサルに行くことにした. でも屋根がないところなので中止になるかも?