2016/08/01, OpenSSH 7.3 がリリースされました.

セキュリティ修正, バグ修正が中心のリリースです.

http://www.openssh.com/txt/release-7.3

Future deprecation notice
=========================

将来の廃止する機能の告知

We plan on retiring more legacy cryptography in a near-future
release, specifically:

近い将来 さらなるレガシーな暗号を退役させる予定だ.

具体的には,

 * Refusing all RSA keys smaller than 1024 bits (the current minimum
   is 768 bits)
 * Removing server-side support for the SSH v.1 protocol (currently
   compile-time disabled).
 * In approximately 1 year, removing all support for the SSH v.1
   protocol (currently compile-time disabled).

 * 1024 ビットよりも小さいすべての RSA 鍵の拒否
   (現在の最小値は 768 ビット)
 * SSH v.1 プロトコルのサーバサイドサポートの除去
   (現在は コンパイル時に無効)
 * 約1年間で, SSH v.1 プロトコルのすべてのサポートの除去
   (現在は コンパイル時に無効)

This list reflects our current intentions, but please check the final
release notes for future releases.

このリストは現在の我々の意図を反映している. ただし,
将来のリリースでの最終的なリリースノートをチェックしてほしい


Changes since OpenSSH 7.2
=========================

OpenSSH 7.2 からの変更点

This is primarily a bugfix release.

これは主にバグ修正のリリースだ.

Security
--------

セキュリティ

 * sshd(8): Mitigate a potential denial-of-service attack against
   the system's crypt(3) function via sshd(8). An attacker could
   send very long passwords that would cause excessive CPU use in
   crypt(3). sshd(8) now refuses to accept password authentication
   requests of length greater than 1024 characters. Independently
   reported by Tomas Kuthan (Oracle), Andres Rojas and Javier Nieto.

   sshd(8): sshd(8) を経由したシステムの crypt(3) 関数に対する
   潜在的なサービス不能攻撃を緩和する. 攻撃者は, crypt(3) で
   過度の CPU 利用を引き起す非常に長いパスワードを送れる.
   sshd(8) は, 1024 文字よりも大きなパスワード認証要求の受諾を
   拒否するようになる. Tomas Kuthan (Oracle) と
   Andres Rojas, Javier Nieto によって報告された.

 * sshd(8): Mitigate timing differences in password authentication
   that could be used to discern valid from invalid account names
   when long passwords were sent and particular password hashing
   algorithms are in use on the server. CVE-2016-6210, reported by
   EddieEzra.Harari at verint.com

   sshd(8): 特定のパスワードハッシュアルゴリズムをサーバが使っている場合に
   長いパスワードを送って有効なアカウント名と無効なものを見分けるのに
   利用できるパスワード認証によるタイミングの差を緩和する.
   CVE-2016-6210, EddieEzra.Harari at verint.com によって報告された.

 * ssh(1), sshd(8): Fix observable timing weakness in the CBC padding
   oracle countermeasures. Reported by Jean Paul Degabriele, Kenny
   Paterson, Torben Hansen and Martin Albrecht. Note that CBC ciphers
   are disabled by default and only included for legacy compatibility.

   ssh(1), sshd(8): CBC パディングオラクルの対抗策における観測可能な
   タイミングの弱点を修正する. Jean Paul Degabriele と Kenny Paterson,
   Torben Hansen, Martin Albrecht によって報告された. CBC を利用する
   暗号方式はデフォルトで無効で, 歴史的な互換性のためだけに含まれている
   ことに注意.

 * ssh(1), sshd(8): Improve operation ordering of MAC verification for
   Encrypt-then-MAC (EtM) mode transport MAC algorithms to verify the
   MAC before decrypting any ciphertext. This removes the possibility
   of timing differences leaking facts about the plaintext, though no
   such leakage has been observed.  Reported by Jean Paul Degabriele,
   Kenny Paterson, Torben Hansen and Martin Albrecht.

   ssh(1), sshd(8): 暗号文を復号する前に MAC を検査する
   Encrypt-then-MAC (EtM) モード トランスポート MAC アルゴリズムで
   MAC 検査の操作の順番を改善する. 平文に対する事実を漏らす
   タイミングの差が生じる可能性を削除する. ただし, そのような漏洩は
   観測されていない. Jean Paul Degabriele と Kenny Paterson,
   Torben Hansen, Martin Albrecht によって報告された.

 * sshd(8): (portable only) Ignore PAM environment vars when
   UseLogin=yes. If PAM is configured to read user-specified
   environment variables and UseLogin=yes in sshd_config, then a
   hostile local user may attack /bin/login via LD_PRELOAD or
   similar environment variables set via PAM. CVE-2015-8325,
   found by Shayan Sadigh.

   sshd(8): (移植版のみ) UseLogin=yes の場合に PAM 環境変数を無視する.
   PAM がユーザ特有の環境変数を読むように設定されていて sshd_config で
   UseLogin=yes となっている場合, 悪意のあるローカルユーザが
   LD_PRELOAD や同様の環境変数を PAM 経由で設定して
   /bin/login に対して攻撃する可能性がある. CVE-2015-8325,
   Shayan Sadigh によって発見された.

New Features
------------

新機能

 * ssh(1): Add a ProxyJump option and corresponding -J command-line
   flag to allow simplified indirection through a one or more SSH
   bastions or "jump hosts".

   ssh(1): ProxyJump 設定項目と対応する -J コマンドラインフラグを追加する.
   1つ異常の SSH の踏み台を経由する間接参照を簡単に指定できる.

 * ssh(1): Add an IdentityAgent option to allow specifying specific
   agent sockets instead of accepting one from the environment.

   ssh(1): IdentityAgent 設定項目を追加する.
   特定のエージェントのソケットを環境変数を使わないでも指定できる.

 * ssh(1): Allow ExitOnForwardFailure and ClearAllForwardings to be
   optionally overridden when using ssh -W. bz#2577

   ssh(1): ssh -W を用いている場合に, ExitOnForwardFailure と
   ClearAllForwardings を自由の上書きできる. bz#2577

 * ssh(1), sshd(8): Implement support for the IUTF8 terminal mode as
   per draft-sgtatham-secsh-iutf8-00.

   ssh(1), sshd(8): draft-sgtatham-secsh-iutf8-00 により
   IUTF8 ターミナルモードのサポートを実装する

 * ssh(1), sshd(8): Add support for additional fixed Diffie-Hellman
   2K, 4K and 8K groups from draft-ietf-curdle-ssh-kex-sha2-03.

   ssh(1), sshd(8): draft-ietf-curdle-ssh-kex-sha2-03 から
   追加の修正された Diffie-Hellman 2K, 4K, 8K 群のサポートを追加する.

 * ssh-keygen(1), ssh(1), sshd(8): support SHA256 and SHA512 RSA
   signatures in certificates;

   ssh-keygen(1), ssh(1), sshd(8): 証明書で SHA256 と SHA512 RSA 署名を
   サポートする.

 * ssh(1): Add an Include directive for ssh_config(5) files.

   ssh(1): sshd_config ファイルで Include 設定項目を追加する

 * ssh(1): Permit UTF-8 characters in pre-authentication banners sent
   from the server. bz#2058

   ssh(1): サーバから認証前に送るバナーで UTF-8 文字を許可する. bz#2058

Bugfixes
--------

バグ修正

 * ssh(1), sshd(8): Reduce the syslog level of some relatively common
   protocol events from LOG_CRIT. bz#2585

   ssh(1), sshd(8): LOG_CRIT からの いくつかの相対的に共通のプロトコルの
   イベントの syslog レベルを落す. bz#2585

 * sshd(8): Refuse AuthenticationMethods="" in configurations and
   accept AuthenticationMethods=any for the default behaviour of not
   requiring multiple authentication. bz#2398

   設定での AuthenticationMethods="" 拒否し,
   複数の認証を要求しない場合のデフォルトの動作として
   AuthenticationMethods=any を受け入れる. bz#2398

 * sshd(8): Remove obsolete and misleading "POSSIBLE BREAK-IN
   ATTEMPT!" message when forward and reverse DNS don't match. bz#2585

   sshd(8): DNS の正引きと逆引きが一致しなかった場合の
   古く誤解を招く "POSSIBLE BREAK-IN ATTEMPT!" メッセージを削除する.

 * ssh(1): Close ControlPersist background process stderr except
   in debug mode or when logging to syslog. bz#1988

   ssh(1): デバッグモードか syslog へのロギングをしている場合以外は
   ControlPersist のバックグラウンドプロセスの stderr を閉じる. bz#1988

 * misc: Make PROTOCOL description for direct-streamlocal@openssh.com
   channel open messages match deployed code. bz#2529

   misc: direct-streamlocal@openssh.com チャンネルオープンメッセージ
   についての PROTOCOL の記述を コードと一致させる. bz#2529

 * ssh(1): Deduplicate LocalForward and RemoteForward entries to fix
   failures when both ExitOnForwardFailure and hostname
   canonicalisation are enabled. bz#2562

   ssh(1): ExitOnForwardFailure と ホスト名正規化の両方が有効な場合に,
   失敗を修正するため LocalForward と RemoteForward のエントリの
   重複を取り除く. bz#2562

 * sshd(8): Remove fallback from moduli to obsolete "primes" file
   that was deprecated in 2001. bz#2559.

   sshd(8): 2001 年に非推奨となった 古い "primes" ファイルへの
   module からのフォールバックを削除する. bz#2559

 * sshd_config(5): Correct description of UseDNS: it affects ssh
   hostname processing for authorized_keys, not known_hosts; bz#2554

   sshd_config(5): UseDNS の記述を修正する: これは authorized_keys に対する
   ssh ホスト名処理に影響する. known_hosts に対してではない; bz#2554

 * ssh(1): Fix authentication using lone certificate keys in an agent
   without corresponding private keys on the filesystem. bz#2550

   ssh(1): ファイルシステムに対応する秘密鍵がないエージェント中の
   孤独な証明書鍵を用いた認証を修正する.

 * sshd(8): Send ClientAliveInterval pings when a time-based
   RekeyLimit is set; previously keepalive packets were not being
   sent. bz#2252

   sshd(8): 時間ベースの RekeyLimit が設定されている場合に
   ClientAliveInterval ピンを送る. 以前は keepalive パケットは
   送られていなかった. bz#2552

Portability
-----------

移植性

 * ssh(1), sshd(8): Fix compilation by automatically disabling ciphers
   not supported by OpenSSL. bz#2466

   ssh(1), sshd(8): OpenSSH でサポートされていない鍵の自動的な無効化による
   コンパイルを修正する. bz#2466

 * misc: Fix compilation failures on some versions of AIX's compiler
   related to the definition of the VA_COPY macro. bz#2589

   misc: VA_COPY マクロの定義に関係するいくつかの AIX のコンパイラのバージョンでの
   コンパイルの失敗を修正する. bz#2589

 * sshd(8): Whitelist more architectures to enable the seccomp-bpf
   sandbox. bz#2590

   sshd(8): seccomp-bpf サンドボックスを有効にするホワイトリストに
   アーキテクチャをさらに追加する. bz#2590

 * ssh-agent(1), sftp-server(8): Disable process tracing on Solaris
   using setpflags(__PROC_PROTECT, ...). bz#2584

   ssh-agent(1), sftp-server(8): setpflags(__PROC_PROTECT, ...) を用いた
   Solaris での プロセス追跡を無効にする. bz#2584

 * sshd(8): On Solaris, don't call Solaris setproject() with
   UsePAM=yes it's PAM's responsibility. bz#2425

   sshd(8): ソラリスで, UsePAM=yes の場合に setproject() を呼ばない.
   これは PAM の責任だ. bz#2425